漫画を描くための選ぶべきパソコンはこれだ!

いざパソコンを買おうとなった時、
すっごく悩むよね。
一体どれがいんだか、
機械に弱い人なら思考回路停止するんじゃないかな?

ワタクシもさして機械に精通しているわけではなくって、
ハッキリ言って素人同然です。

でも、
パソコンって決して安い買い物じゃないし、
買ってから後悔はしたくない。
なんで、
出来る範囲(理解できる範囲)で調べまくって選ぶんです。
Google先生をひたすら頼りに…

とは言え、
パソコンの仕様(スペック)をじーっと見ても、
まず言葉が理解できない。
その言葉を調べてみるものの、
説明を読んでもやっぱり理解できない。
もーそんな感じですよ。ホント。

まあ、
どうしても理解できない部分は置いといて、
ここはどうやら大事そうな項目だなーってとこで、
数字がより大きい方が性能はよさそうだな、とか、
結構アバウトな感じでは理解できてます。

でもそれでいいんじゃない?
だって最終的に決める決定打は
価格でしょ?
ハイスペックなパソコンは確かにいいですわ~。
でもってお値段もハイ(高い)ですわ~。
ヽ(TдT)ノアーウ…

その辺りのバランスを見極めるのに必要な情報を、
ちょっと偉そうにレクチャーするよ。

パソコンは家電量販店で買ってはいけない

家電量販店のパソコン販売コーナー、
そこはワタクシにとって、
年甲斐にもなくビクビクしてしまう魔のコーナー・・・

チラッとでもパソコンを見ようものなら待っていましたとばかりに声をかけてくる恐怖の店員。

店員:「ご自由にご覧くださーい」

自由に見ていいなら話掛けないで・・・

店員:「こちらの商品は今大変お買い得で~」

あー買う気ないんでその情報いりません・・・

店員:「こちら最新モデルでして、性能がどーとかこーとか~・・・」

いや、だから聞いとらんって!
クワ!(゚皿゚#)

ホントこわいわ~
うっかり買わされそうだわ~
こうゆうのキャッチ商法なんじゃないの~
ドキドキ( ̄□ ̄;)))

ワタクシ、
家電量販店のパソコンコーナーが大の苦手。
だからここでパソコン買わないよーとか、
そんな理由ではなくって、
(その理由も大いにあるが)
ちゃんとした理由があります。

家電量販店に売られているパソコンのほとんどが、
漫画家を含めてクリエイター向きのパソコン仕様じゃないから。

家電量販店で買ってはいけない5つの理由

ワタクシの独断と偏見で考えられる原因がこの5つ。

①スペック(仕様)が劣る
パソコンの頭脳であるCPUのランクが低い場合が多い
画像処理はもっと頭いいやつにお願いしないと

②メモリが少ない
CPUを動かす大事なメモリがこれじゃーねっていうのが多い
フリーズするよ~

③HDD(ハードディスク)がでかいのを強調
でかいと言ってる割にはそうでもないやつがあってガッカリ
素人だと思ってなめんなー

④ソフトがいっぱい入ってて多機能を強調
まー余計なの入ってる入ってる
容量使っちゃって他のソフト入れると直ぐ一杯になっちゃう

⑤デザイン重視
機能重視でヨロシク

————————–

家電量販店のパソコンは家庭用だと思ったほうがいい。
インターネット見たり、
YouTubeで動画を楽しんだり、
音楽ダウンロードしたり、
家計簿つけたり、
年賀状つくったり、
ちょっとゲームしたりね。
持って帰ってすぐにこれら全て直ぐ出来るように、
すでにセッティングされているのが家電量販店で売ってるパソコン。
アホでも出来るようになってるからね。

漫画を描くって目的でパソコンを選ぶなら、
同じ金額を払うなら、
もっといいパソコンを選ばなくっちゃもったいない。
そう思うよ~

パソコンはオンラインショップで買うべし

今やパソコン専用メーカー直販のオンラインショップが充実してて、
ネットで注文できるからすっごい便利。
茶でも飲みながらゆっくりショッピングしよう。
( -_-)旦~ フゥ…

BTOパソコンを自分好みにカスタマイズ

「BTOパソコン」といって受注生産販売っていう事なんだけど、
要は自分で色々パーツを選べるシステム。

新車でオプションパーツ選んだりする感覚と一緒。
納車の時の高揚感がいいんだよね~

話を戻すけど、
そういうシステムだから、
高スペックで自分好みのパソコンが買えるようになるわけ。

ネット上で買えるから恐怖の店員に捕まることもないから、
自分のペースでじっくり吟味できる。
気が楽だよ~

難しそうと思うかもしれないけどそうでもないよ。
基本のベースとなるパソコンを選んで、
オプション項目をボタンで選んでいくだけ。
合計金額もボタンを押したと同時にでるから、
うっかり高額になることも防げるしね。
あー予算オーバーしたからこれ追加するの止めよーとか、
納得するまで選べるいいシステムだと思うよー。

どうしてもわかんない時は電話で相談もできるからノープロブレム。

おすすめなのがマウスコンピューターさんで、
ワタクシもこちらでお世話になった一人。

購入は2012年5月で4年以上経つね。
パソコンの耐年数を5年とすると、
そろそろ買い替えを考えないと。
で、次もやっぱりマウスコンピューターさんにお願いするだろうな。



マウスコンピューターの3つのおすすめポイント

①MADE IN JAPAN!
何といっても日本製、国内生産。
場所は長野県。
空気のきれいなとこで組み立ててるみたいよ?
段ボール開けたときの空気が清いのはそのせいか?
m(。・ε・。)m気のせいでした

安心感はもちろんだけど故障とかサポートの対応がやっぱいい。
国内メーカーだから処置も早いしね。
これが海外メーカーだと色々大変なことが多いみたい。
パソコンって壊れるからね。
ここ結構大事なポイントだと思う。

②マンガ・イラスト用のパソコンラインナップがある
商品のラインナップがマンガ描く人向けに用意されていて、
そのパソコンをベースにさらにカスタマイズできるようになってて、
パソコン選びに悩む人でも安心だー。

③価格が解りやすく適正
カスタマイズする際に部品の値段が出てるから、
いちいち納得して選べるのがいい。

基本となるパソコンの価格の違いを説明すると、
ほとんどはCPUの違いなんだよね。
メモリの違いってパターンもあるから全部じゃないけど。
まずはパソコン本体が安いと思ったらCPUのグレードを見てみて。
インテルCore i3が下位として、
その上がCore i5
またその上がCore i7
数字が大きくなると頭も賢くなるんだね。

頭が賢くなるとそれに追随してメモリも大きくしないといけないから、
Core i3のメモリが8GBに対して、
Core i5になると16GBになったりね。
メモリでも値段が変わってくるんだよね。

その他も少しづつ違いがあるけど、
まー大体そんな理由で数万円の価格差が出てくるってわけ。

④今使ってるから
どーもスミマセンこんな理由で。
m(。≧Д≦。)m

ふざけているわけでは決してなく、
実際使っているから実感できるというか、
音も静かで立ち上がりも早くて、
4年以上使ってても今だ快適だし、
信頼できるメーカーだなーと思ってますよ。

だから自信をもっておすすめしているのです!

ちなみに同時期買ったDE◯Lのノートパソコンは、
激安だったせい?かすぐに不具合が出てきました・・・

マウスコンピューターのオンラインショップ

マンガを描くのに必要なパソコンのスペック(仕様)は

ズバリ言っちゃうと、
下の仕様(スペック)以上の性能があればいいと思う。
ってことは最低基準ね(HANA目線)。
あ、デスクトップ形ね。

マンガを描くデスクトップ形パソコンの仕様はこれだ
(これ以上の性能が望ましい)
①OS : Windows 10 Home 64ビット
②CPU : インテル Core i5
③メモリ : 16GB
④SSD : 240GB
⑤グラフィックス : 搭載
⑥ハードディスク : 1TB
⑦保証期間 : 1年間無償保証

ざっくり解説!

アップグレードはお財布との相談だね!

①OS
上位に[ Windows 10 pro 64ビット ]があるけど、
Homeで充分。

②CPU
先に少し触れたけど、
お金に余裕のある人はアップグレードの[ Core i7 ]でもいいよ。

③メモリ
お金に余裕のある人はアップグレードして[ 32GB ]でもいいよ。

④SSD
お金に余裕のある人はアップグレードして[ 480GB ]でもいいよ。

⑤グラフィックス
イラスト・マンガ・画像編集用とかのパソコンなら、
それに見合った何らかは搭載されてるはず。
これないと困ります。

⑥ハードディスク
マンガとかって結構なファイルサイズするから、
[ 1TB ]あれば安心かと。
読みはテラバイトでギガバイトにすると約1000GBのこと。
数字が大きいからってうっかり500GBにしないでね。

⑦保証期間
あーもーこれ大事!
ワタクシだったら有料でも3年間に延ばすよ~
精密機械は壊れるとお手上げなのよ~

————————–

解説してないじゃん!って突っ込みはスルーします。
説明しだすと長くなるのよ~
だからまたの機会にできたらいいなーと思いまーす!
テヘヘッ(*゚ー゚)>



これまでのお話はパソコンの本体のみ。
当然これ以外にモニタやアプリや諸々必要になってくるから、
それもまた別の機会にできたら~。
(* ̄▽ ̄)ノ~~ マタネー♪

BTOパソコン・PC通販ショップのマウスコンピューター